会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2014.02.15

すっぴん中古マンション見学会中止のお知らせ

おはようございます。

本日予定しておりました見学会ですが、
この大雪による天候不良と合わせて東横線の事故もあり、
急で大変申し訳ございませんが、
中止とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

株式会社NENGO 詫磨由紀子

2014.02.13

ソチ・オリンピック

みなさんこんばんは。

空間ディレクター和泉です。


スノーボード・ハーフパイプや
ノルディックスキー複合など、
連日にわたり日本選手の活躍が
報道されていますよね。

特に若い選手の活躍が目覚ま
しいですね。

残念ながら夜のTV観戦に十分
時間を取れない私は、ダイジ
ェストでしか観ていないので
すが…
それにしても高梨沙羅選手
(スキー・ジャンプ)のイン
タビューには涙してしまいま
した。

彼女の場合、負けた事と言う
よりも、皆の期待に応えられ
なかったことの方が辛そう。

若干17歳が、日本中の期待を
背負って100mも空を飛び、
世界で4番目の選手となった
訳ですが、金メダルを期待さ
れていた為に、「残念」とい
う評価でしたよね。

期待が高く、それを達成する
事によって更に期待値が高ま
る。そうやって人は成長でき
るのでしょうし、そのロジック
は分からなくもないのですが。。。


ぜひ、「残念」

ではなく

「よく頑張った」

と声を掛けてあげたい。


実は私も、スマイルジャパン
(アイスホッケー・女子)
の候補になっており、最終的
に前十字靭帯損傷と言う怪我
でソチに行けなかった義妹が
いるのですが、彼女も落選し
た時の第一声が

「期待してくれていた家族や
みんなに申し訳ない」

という言葉でした。

自分が一番辛いのに、そんな
時でも周囲の事を第一に思い
やれる。そんな高梨選手(や
義妹)の様な気持ちを常に
持って、自分も生きていきた
いと、TVを観ながら本気で想
いました。

2014.02.13

外苑前

photo:01



こんばんは、詫磨 です。
外苑前といえばベルコモンズ、ベルコモンズといえばCIBONEさんということで、
インテリアショップ好きの私はCIBONEさんめがけて
閉店間もないベルコモンズに行って来ました。
COBONEさんは移転するようですが、
ベルコモンズ閉店はさみしいですね。
全盛期を知らない私でもさみしいのですから、当時を知る方はさぞさみしいことでしょう。

ファッションビルはどんどん売り場が広くなり、でもどこに行っても同じテナントが入っているような時代で、
残念に思うことも多いのです。
衣食住において特に「衣」に関しては
Timelessと反対を行ってますよね。
私たちはTimelessな価値のある住宅をコンセプトとしていて、
そのためには衣や食もTimelessにかちのものを選びたいと、
ベルコモンズの閉店から派生して考えておりました。

2014.02.07

MUKUショールーム見学会のお知らせ



こんばんは、詫磨です。

本日は弊社NENGOのプロデュースする、
ミャンマーチークの無垢材で作られた家具やキッチン、建具などを
扱う、その名も

「MUKU」


新しいショールームが誕生しましたので、
そのご案内です。

そして、この度、ショールームのお披露目として、
見学会を開催することになりました。

是非、世に出る前にご覧下さいませ。
くわしくはコチラ
今後はおんぼろ不動産マーケットのお打ち合わせでも
この空間が活躍するかもしれません。
乞うご期待!

2014.02.03

超高層マンションについて考える

こんばんは。
ディレクター和泉です。

本日、日本橋にある会社経営者の方の不動産ご購入について、
ご相談に乗って参りました。

とても素敵な感覚の方で、今後が楽しみです。

打合せ中に出てきた話ですが、欧米では超高層マンションに
対して、建築側も居住者も、ネガティブだよね。
という話になりました。

代表の的場が昨年、欧州視察に行った際の話や、 イギリスやフランスの法規制の例なんかを交えてお話し
していたのですが、日本との考え方の違いに驚かれていました。

それもそのはず。
日本で暮らしていたら、はもはや再開発の代名詞的な
超高層マンションに、疑問すら抱かないでしょうから。

ですがこれは世界的にみると、とても稀有な状況なんです。
(マンハッタンやドバイ、中国など一部を除く)

因果関係は明らかにされていませんが、流産率やアレルギー
疾患、神経症などは、高層階に住まわれている方に圧倒的に
多く発症している、という報告が各所でされています。

「高層マンションシンドローム」という本が出版されている
位ですから。

ではなぜ、日本では超高層マンションの建築が止まらないの
でしょうか。

正確な理由は分かりません。

供給側にとってドル箱の超高層マンションに対して、
支持を受けている政党は規制を掛けられない、という業界の
体質なのかもしれません。

そうであれば、エンドユーザーにとっては全く持ってひどい
話ですよね。

新耐震・旧耐震などの、分かりやすい政府が決めた数値で
しか語られませんが、本当にそれで良いんでしょうか??
と、こんな話を知ると思ってしまいますよね。

加えて私は単純に、見上げた時に空が狭いのが耐えられない
のと、高層階から見る景色が、東京タワーで見ればいい。

と思っているクチですが。
1  2

PAGE TOP