会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2014.05.29

BRUTUSとリノベーションプロセス

クライアントさんから、ご担当さ
れたナンバーのブルータスを頂き
ました。

ありがとうございます!


「親と子」

というタイトルで、子育てについて
の哲学や実例を交えて紹介されてい
る今回の号は、1人の親としてとて
も考えさせられましたし、1人の指
導者(ミニバスケットボール)とし
ても、あるべき姿を再度考えるきっ
かけになりました。

リノベーションで部屋のゾーニング
を考える時でも、子育ての哲学を反
映した空間になるでしょうし、親と
して子供をどう育てていくか、が空
間構成の大きな要因となる事は間違
いありません。

そういう意味でも、リノベーション
(家創り)は、哲学の要素を多分に
含んでいると思いますし、大切なの
はプロセスなのだと思います。

これからリノベーションをされる方
は是非、このプロセスを楽しんでく
ださい。

因みに私の子育てにおいて、哲学は
2つ。

「大切なことを明確にすること」
「愛すること」

私は決して人に誇れるような、素晴
らしい幼少時代を過ごしてきたわけ
ではありません。

ですから子供にそれを強要すること
もありません。
お前の子供は伸び伸びしすぎだ!と
言われることもあります。

ですが、「人に迷惑をかけない事」
「礼儀」「感謝」など、私にとって
大切にしている事は、
何があっても、どんな時でも、強く
意識させます。

愛する、というクダリは、人様にお
聞かせできるような話ではないので
割愛しますが。。。

とにかく、人それぞれ子育て観があ
るので、そこをリノベーションプロ
セスで徹底的に掘り下げて考えてみ
ることも、素晴らしい経験になると
思います。

建売りやパッケージングの家では決
して味わえない事です。

PAGE TOP