会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

  • HOME
  • ブログ
  • ローソンでアイスコーヒーを待っている間に考えたこと

BLOG ブログ

2014.05.04

ローソンでアイスコーヒーを待っている間に考えたこと

ローソンでアイスコーヒーを
頼みながら、ふと考えました。

私はコーヒーが大好きで毎日
飲みますが、なぜ缶コーヒー
を買わないのかと。

コーヒーを飲むことが目的で
あれば缶コーヒーで事足りる
のですが、目の前で誰かを介
在して入れてくれるコーヒー
を選びます。

もちろん、ドリップしたての
方が美味しい。というのはあ
りますが、それだけではなく、
このローソンでは、いつも話
をするスタッフがいます。
彼は、会計が305円の時には
5円まけてくれたりもします。
疲れているときには、こっそ
りバナナをくれたりもします。

彼の肌が荒れているとき、私
は少し心配になったりもしま
す。(その気があるわけでは
ありませんよ。念のため)

自分の中では、「その人が入
れてくれたコーヒー」を飲む
ことに意味があるのです。


もしくは「好きな空間・落ち
着くカフェで」コーヒーを
飲みたい、と考えます。
ゆっくりと、溜まった読みた
いor読まなきゃ本でも読みな
がら。
例えば、カフェの内装ディテ
ールを観察して、アイディア
を得たりする時にもコーヒー
はそばにあるのです。
ここでは、コーヒーが飲みた
いのではなく、「そこで過ご
す時間を得たい」という
「コト」を大切にしているわ
けです。

もう少し願わくば、朝のバタ
バタした時間の中でも、「出
先の鎌倉の小さなお店で妻と
2人で選んだ豆を、子供がミル
で挽いてくれた」コーヒーを
飲みたい。と願います。

コーヒーという「モノ」では
なく、そのまわりにある
「どうやって」や、「誰のど
んな背景があるか」という部
分がとても大切になるわけで
す。


住宅でもそうだな、と感じます。

家というのは物理的には「モノ」
ですが、そこには「ヒト」が生
活する上で、様々な「コト」が
あります。

「ヒト」と「コト」を知らずに
形を作っている建売住宅では、
やはり豊かな生活が送れるとは
想像しにくい。

私たちの行う中古マンション×
リノベーションでは、やはり住
まい手の「ヒト」と「コト」を
徹底的に知った上で「モノ」を
創っていくこと。それが「コト
」を豊かにしていき、更には
「ヒト」がハッピーになってい
く。

「ヒト」と「コト」を抜かした
「モノ」は消費財に成り下がっ
てしまうし、「コト」だけで「
モノ」がなければサステナビリ
ティーに欠ける。

「ヒト」と「モノ」と「コト」
はスパイラルだな。

そんなことを、ローソンのアイス
コーヒーを待っている間に考え
たのでした。


では、みなさんよい休日を!!!


空間ディレクター
和泉

PAGE TOP