会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2015.06.23

天井裏を覗いて分かること

{43C6EC73-2B61-45CC-A9C5-545A87063EF6:01}



こんばんは、詫磨(たくま)です。

今日は天井裏について。
皆様、マンションの天井にも「天井裏」があるってご存知でしたか?
上の写真がまさにその天井裏です。

マンションの「躯体」とよばれる構造体は鉄筋コンクリートがほとんど
ですが、そのコンクリートの下に天井板があることがほとんどで、
天井点検口さえあれば、その天井裏を見ることができます。

天井裏を見たらわかること

その1、天井の最大高さ
{D1064C3C-6D5B-4286-92F7-EA3F8DF4BB56:01}


この写真のように天井がコンクリートのカフェや、もしかしたら
マンションをご覧になったことがある方もいるかもしれません。
こういった躯体のコンクリートの天井をのことを「天井現し」と
言ったりするのですが、既存の天井の高さより、一番上の写真に
あるように天井裏の高さ分、高くできるポテンシャルがあるとい
うことなのです。

事前に天井裏を覗いて、天井現しにしてもいいようなきれいな躯
体かの確認ができたらいいですね。



その2、図面ではわかりにくいPSがわかる

{CA15966C-96F3-4629-A7ED-585EE78BB69E:01}


これはあくまでもラッキーな要素なのですが、
図面をみると四角く「PS」と描かれているところが
ありますよね。
これはパイプシャフトといって、上下回の排水管が
ある場所のことを指します。

そういった場所はコンクリートブロックで囲われて
いる物件も多いのですが、上の写真のように、
木材の下地で囲まれていている物件もありますので、
結構大きいと思っていたPSが最低限、パイプを隠せば
いいくらいのスペースに収めることができる可能性も
あるのです。



今回は少しマニアックな内容になってしまいましたが、
そもそも点検口が無く天井裏も見ることができない物件も
多いです。
ユニットバスであればある可能性が高いのですが、
工具が必要なケースもあり、100%ではございません。



{342344CC-05A9-4331-AFBE-22B5DE1F0CAE:01}


最後に、わかりにくいかもしれませんが、
この天井裏には建材の余りが隠されていました。。。
たいした問題はありませんが、昔の施工には良くあります。。。
たまに天井裏や床下から懐かしの何かがでてきたり、
ということもよくあることです。
ご自身の家のリノベーションの際は、解体中も少し覗い
てみるのも面白いかもしれませんね!
ただし、埃だらけに成りますので要注意です。

PAGE TOP