会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

  • HOME
  • ブログ
  • 中古マンションで気になる部分のひとつ配管

BLOG ブログ

2015.06.27

中古マンションで気になる部分のひとつ配管


こんにちは。
中田です。

衝撃な画像から失礼します。
この画像は何十年も経過した配管の画像です。
鉄の配管が年月を経て錆びてしまい、水の通る部分が細くなってしまっていますね。

私たちはお客様から中古マンションのご購入の相談を受ける際によく配管のご質問を受けます。
まず、配管というのは実は専用配管と共用配管という2種類が存在します。

簡単にご説明しますと、専用配管とは自分の室内にある配管です。
一方、共用配管とは、マンション住民が共用で使う配管です。

専用配管は、その更新やメンテナンスの履歴が残っていることはあまりありません。
ほとんどの場合はその履歴が残っていないので、築年数が経過したマンションですと、新しいものに取り換えることを前提に考える場合が多いです。
その時に、配管が鉄製だった場合は、塩化ビニールなどの劣化進行度の遅い素材に変更したりします。

共用配管については、そのメンテナンス履歴を、管理組合で残している場合があります。
ですが、メンテナンスをしたくても出来ないケースも目立ちます。
マンションによっては、専用配管も含めて、大規模修繕時に更新したりと、マンション毎に考え方や対応が異なってきます。

そこでひとつの疑問が思い浮かびますよね?
例えば、専用配管は新しいものに変わったからいいけど、共用配管が変わっていなければ意味がないんじゃないの?と。
ご安心ください。
配管元づけの浄水器があり、共用配管から専用配管に入る水を浄水することも出来ます。
(管理組合の許可が必要な場合もあります。)

私たちおんぼろ不動産マーケットは、こういった建築的な視点も持ちながらご相談から物件のご紹介をさせていただいておりますので、お気軽にお問合せください。

PAGE TOP