会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2015.08.27

ラーメン構造と壁構造の違い。

画像.jpg
こんばんは。
中田です。

以前の構造の流れからもう少し大枠の「ラーメン構造と壁式構造」
について。

まずは「ラーメン構造」から。
ラーメン構造とは、ドイツ語で「額縁」、「枠」という意味です。
決して食べ物のラーメンから来ているわけではありませんよ!

柱と梁の接点がしっかりと接合されていて、体力壁や筋交いを
入れなくても耐震性を確保できる構造です。
柱・梁のフレームで耐力を出すので、壁の内自由な空間を作ることが
出来るのが特徴です。


次に「壁構造」。
壁構造とは、その名の通り壁で建物を支える構造で、比較的
低層のマンションに多く見られます。

ラーメン構造と違い、壁と言う「面」で力を受けるため、開口部の
大きさに成約が出たり、間取り変更で既存の壁を取り払うことが
できません。
ただし、大きなメリットとして、基本的に柱や梁がないため、室内は
すっきりとした空間になり、家具の配置がしやすいという部分ですね。

弊社のお客様でも多くの方が壁構造のお部屋を購入・リノベーション
して気持ちのいいく空間で暮らしています。
ご興味のある方はこちらから。

PAGE TOP