おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2016.08.21

根津、なつかしの街へ

こんばんは、横川です。


先日、弊社のスタッフと、仕事帰りにこちらのお店で食事をしました。


IMG_2005.JPG

車が行き交う不忍通り沿い、根津駅のほど近くにあるこちらの店舗、明治時代に建築されたもので、元は下駄の爪皮(雨や泥よけに被せるおおい)屋だったそうです。

大正の関東大震災も、昭和の戦争の災禍も逃れて生き延びてきた、貴重な総けやき造りの木造家屋。今は串揚げ店として生まれ変わり、地元住民だけでなく、国内外の観光客もよく訪れます。

IMG_2003.JPG

旬の食材を使ったさくさくの串揚げとビールが疲れた身体に沁みました。

スタッフ紹介にも書いていますが、ここ文京区は私が生まれ育った街。
生まれた家から区外へ引っ越して10年ほど経ちますが、自分のルーツであるこの街に戻って来るとほっとします。

最近は、進学や就職で一度この街を出た同窓生たちから、結婚などを機に文京区に戻ったという話をよく耳にするようになりました。
繁華街もない地味なエリアなのですが、なぜか帰って来たくなる、不思議な魅力を備えているんですよね。

しばらく訪れないうちに、元の建物が取り壊され建替えられて、景色がすっかり変わってしまっていた、という経験が珍しくない東京にあって、この街は大規模な開発を逃れ、昔と変わらない風景に出会える、貴重な場所なのかもしれません。

住まいを選ぶときにも、通勤やお子さまの通学など、つい利便性を追求してしまうことが多いかと思いますが、

「自分にとって心地よい、帰って来たいと思える街って?」

と一度考えてみてください。

住まいを買うことは、不動産そのものだけでなく、それを取り巻く環境を手に入れることでもあります。

住んでみたい街を歩き、朝の通勤、帰り道、休日の買い物、、など、むくむくとイメージが湧いてきたら、そこがあなたの暮らす街になるかもしれません。


20160616_line_blog.png


yokokawa_prof.jpg
"不動産女史"
横川 希恵 Kie Yokokawa
この道10年。20代で持ち家女子な不動産のプロ。

→詳しくはこちら

PAGE TOP