会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

  • HOME
  • ブログ
  • 自分の叶えたい暮らしと、街の性格

BLOG ブログ

2016.10.23

自分の叶えたい暮らしと、街の性格


図1.jpg

住まいを探す時に、「どの街を選べばよいのだろう?」

そんな悩みを抱えている方は、実はかなり大勢います。

「ずっとこの街で暮らしてきたから、住み慣れたココで。」
という方はあまり悩まずに済むのですが、そうではなく、
私の様に地方出身者の方々の多くは、それほど多くの
街に住んだ経験がない方が殆どですので、何となく
この辺かな?と思っているんだけど、よく分からない。。

そんな話を耳にすることが多いです。

そんな時、私が良くお勧めするのが...

「イメージを分解する」という方法です。

例えば...上京して2箇所に住んだけど、学芸大学が
好きで住みたいな、と考えている方は、
「何故学芸大学なのか?」「学芸大学の何が好きなのか?」
ということを考えてみること。

「気取っていないんだけど、雑多すぎないところ」
「ナショナルチェーンではない、お気に入りの店がたくさんあるところ」
「碑文谷公園が近くにあって、休日はそこでゆっくり過ごしたい」
(先日ショッキングな事件がありましたが...。)

そんな、自分が本当に求めている根っこの部分が、言語化すると、
色々見えてきます。

そうすると、
「気取っていないんだけど、雑多すぎない」
街って、他にないだろうか?という視点を持つことができます。

例えば、「松陰神社前」はどうだろう?

図4.JPG

駅前の商店街は、お爺ちゃんの集まる囲碁スペースもあれば、
個人経営で本当に美味しいもののみを扱っている飲食店まで、
様々ありますが、決して雑多な印象は受けません。

世田谷通りもかなり雰囲気の良い店が並んでいる。
松陰神社や豪徳寺、は歩いてすぐの距離にあり、落ち着いて
ゆっくりと時間を過ごすことができる。。

この時点で、...行った事ないけど...アリかも。
と少し思えてきて、街の選択肢が広がります。

もちろん、職場までのアクセスなど、様々な考えとのトレードオフが
必要ではありますが...意外と知らない街でも、自分らしく暮らせる
可能性がありますので、まずは選択肢を狭めずに。というスタートを
切ると、とっても豊かな住まい探し&選びの旅ができる方を多く見て
来ました。

そんな私が個人的に、「自分らしい暮らし」が叶えられると考えている
街を紹介します。

そこは、「馬事公苑」付近です。

図2.jpg

この辺は正直、駅から少し距離がありますが、
私の様に、「歩きながら考え事をする」事が必要な人間にとって、
この距離は全く問題になりません。

そして、最寄り駅の桜新町・用賀は、246号の喧騒からも離れており、
大きすぎず小さすぎず、街の規模感としてもしっくり来ます。

そして、馬事公苑・砧公園に代表される緑被率の高さは、田舎者の
私にとって精神衛生上、非常に効果的です。

ちょうど来週末に行われる東京農大の収穫祭も、楽しみの一つですね。
大根踊りは必見!
ここで買えるサラダほうれん草は一時、虜になるほどの味でした。

図3.jpg

こんな風にして、自分の考える暮らしと、それぞれの街の性格をマッチング
させるところからはじめる家探しは、豊かなプロセスになりますよ。



20160616_line_blog.png

izumi_profile_001.pngのサムネイル画像
[ 空間ディレクター "仕立屋" ]
和泉 直人  izumi naoto
建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く中古不動産×リノベーションの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら



PAGE TOP