おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2020.06.25

戸建てを真剣に考える

皆さんこんにちは。

おんぼろ不動産マーケットの小山です。
最近は雨も多いのですがいかがお過ごしでしょうか?

私は雨が少し好きです。
雨が降ることにより、ちりやほこり地面に落ち空気が洗われ、緑が青々と見えるその様は梅雨の醍醐味です。
洗濯物が乾かずに困ることもありますが、緑の恩恵を受けている物件は雨をも楽しんでいただけますね。

さて、我々ばおんぼろ不動産マーケットは中古マンションのパイオニアですが中古の戸建てのお問い合わせも承っております。
この記事では、戸建てに住むイメージがわかない・マンションと迷っている という相談いただく際にどのようにお答えするのかをまとめてみました。

■戸建てに向いている人
基本的に敷地の中は全部所有者の管理下におかれます。
お庭の草取りや、玄関からアプローチの掃除、外壁や屋根の補修など、どの項目は多岐にわたります。
自分たちで修繕費をため、定期的にメンテナンスをすることが住居を美しく保つ秘訣なのです。
たまに、【この家は50年もちます!】という文言を聞きますが、それはあくまで【もつ】のであって【美しいかどうか】はまた別問題。
多岐にわたる修繕項目を管理しながら、計画的に修繕費用を貯めていける計画性が住まい手に求められます。
注文住宅の戸建ての営業トークに【修繕積立金や管理費はずっと払いますが戸建ては払いません!】みたいなものがありますが、
戸建ても、先に述べた通りに計画的な管理と修繕が必要であることには変わりません。

貯めるかどうかを住まい手に委ねただけで、修繕はしたほうがお家が美しく保つことができることには変わりないのです。
(というか貯めたほうが絶対にいいです。何の修繕もなく35年終わることなんてまずありませんので)

また、戸建ては【土地】がついてきます。家だけではなく敷地内の管理をしなければなりません。
植物の選定、雑草取り、害虫駆除、蜘蛛の巣取り・・・結構大変です。

定年してからの道楽にと考えている方も多いのですが、異常気象や猛暑が多い昨今では外での作業は体に応えます。

そうすると待っている道は、業者さんに依頼をするか、体に鞭を打つか、放置して草が伸び放題のお庭か・・・
ご自身の体と相談しながら無理なく【ちょうどいい】ところを探していけたらいいと思います。広すぎない敷地というのもそのような観点からすると悪くないものです。

また、戸建ては【音】の問題から解放してくれます。
上階やお隣さんからの音もそうですが、自分が発する音も他人に迷惑をかけないというのは実はかなりポイントが高いのです。
音でご近所さんと仲が悪くなるというのは、集合住宅にはよくある話であるとともに、遮音材を入れたから安心!ということでもないのです。

(特に大人の足音のような低い音はマンションのスラブの厚さが関係していることが多いので)

元気なお子さんがいらっしゃる方、動物と一緒にくらしたい方、楽器などがお好きな方
そういう方にはマンションよりも戸建てのほうがあっているかもしれませんね。

戸建てに向いている人というのは「家に時間とお金をかけられる堅実で健康な人」という感じになります。
他人を気にせずに暮らしたい > 自分で管理をするのは面倒くさい!自信がない!
という人におすすめです。(ちなみに私はマンション購入して近くに畑を借りたい派です)

さらにちなみに、最近【小田急線 生田駅 徒歩15分】のところにかなり魅力的な土地を発見しました。
かりぐらしの小人が出てきそうな雰囲気です。

写真 2020-05-25 10 46 39.jpg

広すぎないのでここならば私にも手に負えそうな気がします。

ご興味がある方はご相談ください。

PAGE TOP