おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2020.07.31

ライフスタイルシート

こんにちは。
おんぼろ不動産マーケットの森です。

唐突ですが、皆さんの『我が家らしいと思う習慣』は何ですか?

実はこれは、私たちが普段利用している「ライフスタイルシート」という
リノベーション前に記載いただく、ヒアリングシート内の質問の一つです。

IMG_5960.jpg

この質問には、その人・そのご家族らしさが色濃く出ているので、
私はいつも楽しみながら読ませていただいています。

例えば、以前リノベーションのお手伝いをさせていただいたお客様からは、
「子供も含めて作業(勉強)できる家族共有のワークルームを作りたい。
 子供が自室に籠って勉強するのではなく、家族が一緒に勉強できる環境を目指したい。」
と記載いただいたことがあります。

コロナウイルスの影響下となる前から、テレワーク・在宅勤務をする方が年々増加し、標準の間取りとして設ける大手分譲会社も出てくるほどに普及してきたワークスペースという考え方。ですが、一口にワークスペースといってもリビングに近い場所で、家事もこなしながら行える間取りが良いのか、完全に個室として独立した空間を確保した方が良いのかなど、住まう方によって最適な形はそれぞれ異なります。

こちらのご家族は結果的に、独立したお部屋を設け、お部屋の両側にデスクを設置、ご主人とお子さんが背中合わせで座ることで集中する時間を一空間で共有できるような場所をつくるに至りました。

「自室に籠って勉強するのではなく」というところに
このご家族らしい、家で過ごす間は出来るだけ一緒の時間を過ごしたい一面が垣間見えます。


もちろん『我が家らしいと思う習慣は?』と聞かれ、いきなり思いつかなかったり、文字にしづらいと感じる方もいらっしゃいます。そんな時は、記載いただいたライフスタイルシートをもとに対話を重ね、その方・そのご家族の大切にしていることを掴んでいきます。

お客様のご要望をよくよく理解するために、お客様の感覚に近しい表現を根気強く探したり、イメージに近い画像を一緒に見ながら共通認識を深めていくことを毎回意識していますが、そんな風にご自身の感覚に素直になって出来上がる住まいは、居心地の良さも、つくり上げてきた末の感動も格別です。


そんなライフスタイルシートから始まるリノベーションプロセスにご興味がありましたら、ぜひお問合せください。

86f751f06438a23686f713e3395d8793-567x378.jpg

2020.07.17

シェアアトリエ「おふろ荘」の日常

こんにちは。おんぼろ不動産マーケット中村です。
今日は中古マンションのリノベーションのお話、ではなく、、
こんなこともしているんだ、と新たな一面もお見せしたかったので
私が企画・プロデュースを担当している「おふろ荘」の日常をご紹介したいと思います。


「おふろ荘」とは?
街の人々に愛されていた"高津湯"からアーティストによるシェアオフィス「おふろ荘」へ。
ここは、ふらっと銭湯に行くような感覚でアートが楽しめる場所で
女湯はシェアオフィス兼アトリエとして、男湯はギャラリーと小さな図書館として、
銭湯の建物をそのままの形で活用していて
浴槽の中や脱衣所のロッカーの上で作品の制作をするおもしろい風景が広がっています。
12335115735143.jpg
12335115815988.jpg
そんなおふろ荘でのワンシーン。
私の実の姉がおふろ荘のシェアアトリエにいるアーティスト京森康平さんの製作のお手伝いをしていました。(笑)
IMG_5108.JPG

音楽活動をしている姉が自身のMVで京森さんの絵をバックに踊るというシーンがあり
絵をお借りした恩返しに、美術の成績はいつも5だった、という持ち前の腕を振るっていました。
姉に限らず、おふろ荘での出会いが様々な形で広がっている。
企画した当初に想像していたよりも、何倍も素敵な場になっていることが本当にうれしいです。

実は、京森さんはあのエルメスのスカーフコンペティションで
世界中5000人のアーティストからグランプリに選ばれた、すごいアーティストさんなんです!
8月には展示もあるそうなので、コロナ対策には十分お気をつけて、ぜひ行ってみてください。

京森康平さんHP
https://ja.kohei-kyomori.com/

展示情報
※コロナ対策のため、予約制となっています。お気を付けください。
https://awarebi2020.peatix.com/
107088318_10223234641322714_6870623315404928637_o.jpg

おふろ荘は今年9月末まで期間限定で運営していきます。
アート展やイベント情報など随時更新しておりますのでおふろ荘のFBもチェックしてみてください!
https://www.facebook.com/ofuroso/

2020.07.10

今、独身のわたしが家を買う理由

こんにちはおんぼろ不動産マーケットの小山です。
私は最近、マンションを購入しようと考え、動き初めました。

未婚かつ、転職を繰り返していた私に家族は、【結婚したら】【ずっと働きたい会社が見つかったら】と言って止められました。
当時はその言葉に納得しましたし、そもそも自分が家を購入するイメージがつかず、「いつかは家ほしいなー」くらいでした。

そんな私に転機が訪れます。働きたい会社が見つかり(どことはあえていいませんが!)
今くらしているのエリアで生きていくイメージがつき始めたことです。
そしてこれは秘密ですが、そのタイミングでお付き合いしていた人とお別れをした私は、
「人生には不確かの要素が多いからこそ、生活の基盤である自分の家を持ちたい」と思うようにもなっていました。
職業柄、彼がいたときも物件を見てはいましたが、互いの通勤やくらしを考えるとなかなか思い通りの家探しができていなかったのも事実だったのです。

悲しい出来事を乗り越え、いざ【自分だけの家】を探し始めてその自由さにびっくり。
今、一人だからこそ、住みたい街や建物を見つけて夢を楽しく膨らませることができる。
物件がたくさんある。住みたい街もたくさんある。なんて楽しいのだろう!と思うようになりました。

そんな私が今見ているのは【つぶしがきく家】。家を買ったとしても、人生どうなるかわかりません。
【つぶしがきく】というのは、売却や賃貸に出すことができ【資産になる】ということ。
賃貸ではなく、そのお金を少しでも自分の資産にしていく計画が私の中で進行中です。

とはいっても、不安だよ!というような方からも多くのご質問を頂戴しているので、
そんなお声にこたえていくウェビナーを開催したいと思います。



【今、独身のわたしが家を買う理由(仮)】

日付:7月19日(日)

時間:10:00~

会場:オンラインでのウェビナーになります。

必要なもの:インターネット環境と、知りたいという気持ち!

応募方法:下記メールアドレスに【7月19日のウェビナーに参加したい!】とお送りください。メールを受領後、ZOOMのURLをお送りいたします。

mail:onboro@nengo.jp

お楽しみに!

小山

2020.07.02

住まいの構成

こんにちは。
おんぼろ不動産マーケットの斉藤です。
今回は私が考える理想の住まいを見つける為の項目について簡単にお話が出来ればと思います。

①街(周辺環境)
②外観
③室内空間
④インテリア

①は不変的な項目で簡単に代えることが事が難しいですよね。街選びを失敗すると理想の住まい・暮らしからはどんどん離れてしまいます。どのような街に住んで、どのような暮らしをしていきたいかを想像することがとても大切です。

②は戸建であれば自由に創れますが、マンションであれば既に外観が決定してしまっています。
それでも、マンションが希望ということであれば弊社でも販売しております外観のデザインが可能なコーポラティブ方式を採用したマンションを検討して頂いても良いかもしれません。

③は新築だとパターン化されている事がほとんどです。パターン化された室内空間だと使い勝手が悪かったり、理想の住まいとは少し離れてしまいますよね。1から設計デザインが出来れば、使い勝手含めて自分らしく、お気入りの室内空間が出来上がります。

④は住んでからも買い足しでき、日常の中で一番触れている時間が長い項目ですね。室内空間のデザインとマッチした家具であれば、より満足度も高まりますね。

以上の4つの項目が理想の住まいを見つける為の大きな項目になります。
おんぼろ不動産マーケットでは上記4つの項目を熟知したスタッフがお客様を物件選びから設計・工事が完了するまでお手伝いをさせて頂いております。
インテリアのご相談も承れますのでご相談下さい。

PAGE TOP