おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2013.02.26

直筆の手紙

和泉です。


昨日、直筆のお手紙をいただきました。

とても新鮮で、温かい気持ちになりました。


最近は何でもかんでもメールやSNSなどで
済まそうと思えばできてしまうデジタルな世の中ですが、

久しぶりにアナログの温かみを感じました。


暑中見舞いや年賀状など、アナログで、
一見非効率的と捉えられてしまいがちなものが、


実は人の心にグサリとささります。


そんな温かさをいただいたことに、
感謝です。

自分も、そんな温かさを人に差し上げられる人に
なりたいと思いました。

よし。
今日から。


$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

2013.02.01

安普請

安普請という言葉がある。

粗雑な造りの家の事を総称するが、
日本には特にこの安普請の家が多いように思う。

今日、仕事で田園都市線の梶ヶ谷方面を歩く機会があったが、
まさに安普請のアパートが並んでいる街区があった。

何も、古い=安普請では決してない。
木造でも、古き良き建造物はたくさんある。

安普請とは、あからさまに貸す事のみ、収益のみを目的と
していることが外装にもにじみ出ており、メンテナンスも
必要最小限、愛情も必要最小限、30年後にはスクラップされる
であろう建物、である。

収益性のみが先行してしまい、結果こういった街並みを崩す
ことになってしまうと、非常に残念。

歩いていて、そう思った。

安くても、経年と共に優化する素材を使ってあげれば、
安普請には決してならないだろう。

根底には、スクラップ&ビルドがあるのだろうが、
所有者もどうせ30年で…と思っているからこういった
安普請が出来上がるのだろう。

2012.12.21

街を汚すという事は、自分の顔を汚すということと、同義語であると知って欲しい。

和泉です。
こんばんは。

この画像は、私の仕事場がある駅の階段を降りた所にある、一区画の風景です。
ちなみにここ、喫煙所ではありません。

私がここを通るようになった当時から、ここでタバコを吸う人を毎日見かけます。

既得権益だからよいのでしょうか?

皆がやっているから良いのでしょうか?

もし自分の子供が、「皆がやってるからいいじゃん」って言えば、怒りませんか?

自分の家の中でも、こういう状態にしますか?

外だから良いのですか?

自分の住む街を愛せない人は、
自分勝手な人です。

自分勝手な人は、
近所の人を愛せません。

自分自身との利害関係でしか、
相手を許容できないからです。

近所の人を愛せないと、
毎日が楽しくありません。


私は毎朝ゴミ拾いをしています。

正確に言うと、タバコの吸殻拾いです。

でも、それが偉いわけではないはずです。

理想は、

誰もが捨てない、

誰もが自分の暮らす街を愛することでは無いでしょうか。

自分くらいいいや、と思ってる人。
今回の選挙で投票してない人ではありませんか?

たかが1人。
されど1人。

まずは自分の行動からですね。

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

2012.12.18

働き方 と ステレオタイプ

こんにちは。
和泉です。

最近、新卒や中途など、面接をする機会が多いので、
色々な人と話をします。

先日面接をした大学4年生からは、まだ社会人経験がないのに、
「ワーク・ライフ・バランスが大切。と考えている」
という話がありました。

それを聞いて私は非常に残念でした。


多分メディアなどで叫ばれている為に、何の気なしに言ったことと思いますが、

なぜ、まだ働いてもいない人が、そのようなことを堂々と言えるのでしょうか。

非常にもったいないです。

いろんなことを経験し、クライアントの為に最善と思うことを常に行い、
そんなことを数年間繰り返してやっと、働き方が分かってきます。

休日にクライアントが貴方を求めても、ワーク・ライフ・バランスを盾に
動かないのでしょうか?

仕事にプライベートを巻き込む。
プライベートに仕事を巻き込む。

最近そこがようやく見えてきました。
それを20代前半で決めつけてしまうことで、
自分の可能性は多分相当閉じてしまいます。


そして、このステレオタイプというものは、
私たちのいる住宅業界にも当然の様にはびこってしまっています。

例えば「建売り住宅」。

皆さんの家のポストに、毎日のようにチラシが入っているでしょうから、
いつの間にか頭の中に刷り込まれているかもしれませんが、

家は本来、買うものではなく、創るものです。

家を創るという行為が、いつの間にかインスタント化して、
スーパーで商品を買うということに意識が近づいてしまってます。

実は、

ビニールクロス
クッションフロアー

などに代表されるイミテーション建材は、

家は買うものだ、という意識に対応した、
供給者側の自己プロテクトの賜物だと思っております。

クレームレス商品を提供することが手離れの良さにつながり、
それをいかに魅力的に「見せる」か、高級品に「見せる」か。
に力が傾斜しています。

非常に残念な傾向です。


ここに違和感を感じる方は、

一緒に、本当に自分らしい、本当に気持ちの良い家を創りましょう。
リノベーションという、経済的にも賢い手法にて。



2012.06.15

アンダーアーマー

こんばんは。

ディレクター和泉です。

今日は仕事で、

アンダーアーマーさんが経営する、
南武線の久地駅にある、
バッティングセンター兼、
SHOPにお邪魔してきました。


アンダーアーマーの社長さんと、
うちの代表が友達な為、以前から仲良くさせてもらってますが、

今日はビジネスアライアンスで店長さんと話してきました。


店長さん、是非やりましょ!

アンダーアーマーさんの事業拡大と、

世田谷ミニバスとのコラボと、

店長さんの引っ越しを!

photo:01



iPhoneからの投稿

2012.05.30

カルディでジャケ買い

ディレクター和泉です。
こんばんは。

僕はKALDIに行くと、ついつい買い込んじゃうクセがあります。
しかも大体一目惚れで。

最近は、バーニャカウダソースにはじまり、禁断のワイン、チップスなどでしたが、とうとう水も、カルディ産となってしまいました。

いまはこいつで、せっせこクスリを飲み干してます。

photo:01



iPhoneからの投稿
1  2  3  4  5  6  7

PAGE TOP