会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2013.10.14

足触り

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

空間ディレクター和泉です。


先日お引き渡しをさせていただいたお宅は、

とても有機的な、豊かな庭が広がっています。

庭って、毎日使う訳でもないですが、

視線の先にあるだけで、とても落ち着きますよね。



マンション自体は壁式工法だったため、

あまり大きく間取り変更は出来ませんでしたが、

壁式工法を利用して、緩やかなつながりを楽しむ空間を

創りました。



玄関からまっすぐ進む視線の先には紅葉を植えました。

これからの時期は特に美しく赤みを帯びていくはずです。



床には「アカシア」の木を採用しました。

最近分譲マンションでは主流になっているイミテーションの

木目とは、「足触り」が絶対的に違います。

足裏で感じる感覚は少し柔らかく、

床暖房が入っていないにもかかわらず、

なんだかほのかに暖かさを感じさせます。



イミテーションが良い悪いの話ではなく、

足裏など、自分のディテールで感じる感覚には、

やはり嘘はつけないんだな~。と思いました。

2013.09.27

フライング告知

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG


田園都市線の

二子新地駅と高津駅の中間くらいにある賃貸物件で、

プロジェクトをスタートさせます。


とても小さな1Kのアパート。

かれこれ空室になって1年程度経過する様です。

ですが、私たちから見たら相当ポテンシャルの高い物件。

勿体ない。。



鳥のさえずりさえ聞こえてくる長閑な住宅街ですから、

気張ってモダンにするのではなく、

和の空間をミニマルに捉え、

居心地の良さを追求して、再構築します。



今はまだ写真の通りボロですが、必ず素敵な空間になりますので、

入居にご興味のある方がいらっしゃいましたら、

お問合せくださいね。


空間ディレクター
和泉

2013.09.24

アイディアマン

空間構成を考えたり、
デザインコンセプトを練ることを日々繰り返し行ったり、
次の不動産プロジェクトの一手を考えたりしていると、

アイディアはどうやって生まれるのか?と聞かれることがあります。

私は「放っておいてもアイディアが湧き出てくる人」は、この世の中に
ほとんどいないと思います。

そんな人の事こそを、天才と呼ぶのだと思いますが、
天才と呼べる人は多分全体の1%もいないのでは。

私は残念ながらその1%には入っておりません。

ただ単に、

「よりよくする」

だったり

「問題を解消する」

だったり

「素敵な人生を送ってもらいたい」

というような事を考えたり、実行したりに多くの時間を
使っているだけに過ぎません。

という事は、アイディアは誰にでも生み出せるのです。
徹底的に考え抜きさえすれば。

そういうことが、他にも多々あるのだと思います。

「アイディアマン」の様に簡単なワンワードに落とし込んで、
自分と他者は違うと思ってしまっていること。

気を付けないと、そうやって自分が変わったり成長する
チャンスを自分自身の線引きで潰してしまっている。
という事もあるかも。

気を付けようっと。


空間ディレクター
和泉

2013.09.23

見学会のお知らせ

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

こんばんは。
空間ディレクター和泉です。


本日は、おんぼろ不動産マーケットのクライアントさんの
完成お披露目会のお知らせです。

クライアント様のご厚意により、室内をご覧いただける期会を
設けました。

-------------------------------------------------

お施主様は30代のご夫婦。

友人を自宅に招いてホームパーティをすることが
多かったため、長時間くつろいでもらえるような
広く開放感のある空間にしたいとのご要望から
プランをスタートしました。

場所は、駒沢公園にほど近い、閑静な住宅街に佇む
低層マンションの1階。

プライベートとパブリックを明快に分けた間取りに。
人が多く集まるからこそ、プライベートスペースは
しっかりと確保しました。


購入の決め手になった大きな窓と、専用庭に抜ける眺望を
最大限に活かすためバルコニーにはウッドデッキを敷き、
リビングダイニングと緩やかな繋がりを持たせています。


床にはアカシアを使用し、重厚感ある空間に。
収納を多くし生活感は出したくない、と水周りには気を使い、
特にキッチンはオーダーして徹底的に要望を盛り込みました。

壁と天井はポーターズペイントをお施主様がセルフペイント。
和の色「桜鼠」が室内を優しく包み込みます。

外と緩やかに繋がり、季節の移ろいを感じさせてくれる家。
くつろぎの空間を是非ご体感ください。

ご参加いただける方には後程ご住所をご連絡させていただきます。


日 時:10月5日(土)13:00-17:00
場 所:東京都目黒区八雲
     東急東横線・都立大学より徒歩15分
     東急バス渋34系統/都立01系統「八雲」バス停より徒歩1分


ご参加申し込みは下記のfacebookページからお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/516226505138482/

2013.09.20

中秋の名月

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

昨日は

中秋の名月

でしたね。

みなさんは空を見上げましたか?


台風が過ぎた後の澄み切った空に浮かんだ
月の様が、非常に印象的でした。

ススキを飾り、お団子をこしらえ、
月を見上げながら過ごす時間を味わっていると、
このような文化的行事を残してくれた先人たちに
感謝したくなります。

家に縁側があれば、多分酒も進んだんだろうと
ふと思い、次に家を買う時は、縁側を作ろうと
思った瞬間でした。

その後、北国で一人住まう親父の事を思い出し、
彼の大好きな上燗でうまい酒を買いに行きました。


空間ディレクター
和泉

2013.09.14

那須の街

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

先日、少し時間が取れたので、那須に行って来ました。

お盆休みは取材やバスケットの合宿で時間が
取れなかったので、バカンスといえるバカンスは
久しぶりでした。

ShozoCafeではゆっくりとした時間の中でコーヒーを
いただき、コテージで浴びるほどビールを飲んで
過ごした訳ですが、那須で一番驚いたのが、
その空きテナントの多さ。

人は、平日でもそれなりに賑わっていたのですが、
その一方では、廃墟と化したリゾート物件が、
再利用も解体もリノベーションもされずに、時間に
取り残されたままの姿で、ただそこに存在していました。

借り手がつかない、経済的価値が著しく減少した物件は、
都心ではコンバージョンなどで再利用している例がありますが、
地方はもう廃墟として存在するしかないのが実情なのです。

そんなテナントを有効活用して、人が集まる『場』を作り、
雇用を創出し、活性化するシステムが、地方には必要
なんだと痛感しました。

私の地元もそういう状況に差し掛かってきております。
なんとかしなきゃ。
5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

PAGE TOP