会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2013.02.23

最後の同潤会アパート

最後の同潤会アパートである、

同潤会上野下アパートの解体が

いよいよ5月から始まります。


昭和4年の建築なので、

今年で84年の長寿マンションなのですが、

とうとうお役御免となりました。


欧米各国では、築年数が経過する程、

物件の価値も上がっていくのが一般的である。


日本の様に、新築の時の価値が最大で、

その後は下がる一方。というケースは、

新築嗜好の日本ならではの考え方なのです。


とある大手不動産業者の話を聞くと、

旧耐震の物件はそれだけで取り扱いをしない、

というところもある様です。

世界的な観点からすると、これは全くナンセンスであり、

供給者どころか、仲介者理論でエンドユーザーの購入する

物件が誘導されるのは、何とも違和感を感じます。


その誘導に左右されないで、

と言うのも非常に難しいかもしれませんが、

少なくとも、古いからNG、と言う様な、

一方向から物事を見るのではなく、

もっと俯瞰して、

リスクを把握して、

購入して頂きたいと思います。


中古マンションを購入してリノベーションを

行うには、その専門家ととともに歩む事が、

何よりも大切なのです。



和泉


$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

2013.02.22

HEAD研究会

和泉です。
こんばんは。

今日は、神奈川の奥地にある最乗寺というお寺から、
九段で行われたHEAD研究会まで、結構な距離を移動しました。

九段で行われたこのHEAD研究会。
リノベーションや不動産、建材や物流など、建築・不動産に絡む
様々な業界のタスクフォースを話し合い、より健全化に向けて、
よりユーザビリティーに向けて研鑽する為の会です。

何故私たちNENGOがこの会に加入しているかというと、
それは、
『建設業・不動産業の体質を改善したい』
からに他なりません。

これらの業界は、多くの課題を含んでおります。
その課題にきちんと向き合い、自己の利益にのみ傾斜するのではなく、
利他の精神で仕事ができるかどうか。
これが今後、この業界の体質を改善する為の、大きなキーワードの一つに
なると思います。

建設業・不動産業の体質を改善する事は、その歴史からしても
簡単な事ではありません。
ですが、いつかはやらなければならない事です。


NENGOは、その為に進んでいきます。

2013.02.19

綱島という街に昔からある喫茶店

ディレクター和泉です。
こんばんは。


先日、綱島駅にある昔ながらの喫茶店で、
建築家の三浦さん(「こっそりごっそりまちをかえよう」著者)と、
港北区の地主さんと会食する機会をいただきました。

お題は、資本による街の変革と、住民側からの街興しへのコミットの仕方。

ま、こうやって文字化してみると少々お堅い題材のようですが、
要は、

街にクリエイティブなコミュニケーションを誘発し、
街の持つ性格を、その街の本来持つ歴史や文化や風土に
照らし合わせて形成していくための、ボトムアップ活動です。

地域への愛着を持ち、街を好きになってもら。
自分の住む街が、素敵で、気持ちよく。

とまあ、そんな感じです。

話し合いは非常に有意義で、今後の綱島の街並みに対して、
非常に期待の持てるものとなりました。


会食の会場に選んだのは、綱島で地域の皆さんから
親しまれていると評判の、喫茶店「アデリータ」。

何の変哲もない雑居的なビルの2階にある喫茶店ですが、
お客さんがひっきりなしに入ってき、とても活気がありました。

何とかバックスももちろん良いけれど、昔からその土地に根付いた、
こういった、街の歴史を脈々と受け継いだ喫茶店が増えると、
街から個性が消えないんだけどな。。

と思いました。

最近はどの街を訪れても、松屋があり、マクドナルドがあり、
大手チェーン店ばかりが席巻しています。

そうすると、街の持つ性格や雰囲気が、かなり似寄ってしまい、
特徴のない、何の変哲のない街が出来上がってしまいますよね。

綱島は、綱島らしい素敵な街並みを持続してほしいと思いました。


そのために、私たちは「つなしま不動産マーケット」という不動産店舗を
運営しています。

街並みを美しく。

これからも、その気持ちを常に持ち続けていきたいと思います。



$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

2013.01.26

綱島の再開発について思う事。

ディレクター和泉です。
こんばんは。


どの街でも再開発事業は当たり前の様に行われます。

私の住む、たまプラーザでも。

のどかな世田谷の代表格、二子玉川でも。

この二つの街は、とてもよく似ています。
駅を複合ショッピングセンターとし、
その周辺には新築のレジデンスがたくさん建っております。

違いは、マンションの高さ位のものでしょうか。

まるで金太郎飴の様な再開発です。


このままいくと、日本にある全ての街は、特徴を失います。


先日、東急東横線の綱島駅
(弊社の賃貸部門『つなしま不動産マーケット』がある場所です)の
再開発に絡んでいる地主さんと、この問題について話す機会がありました。

綱島も御多分に洩れず、金太郎飴方式の再開発を行おうとしております。

元々温泉街で、桃の生産地として全国的に有名だった綱島という姿は、
過去の産物に成り下がる可能性があります。

ラジウム温泉が出ていた場所は、今ではマンションが建築されています。


駅前には、高層ビルの代わりに、
老若男女が集まる足湯温泉があってはダメでしょうか?


街道沿いを、桃の木で埋め尽くしてはダメでしょうか?


駅舎は、温泉宿の頃の綱島を再現してはダメでしょうか?


再開発を行うと、土地が高騰します。

土地が高騰すると、手放さなくてはならない人が出てきます。

もしくは、商売が成り立たなくなる場合が多々あります。

そうすると、土着の人は手が届かなくなり、
高い家賃を払える大手安定企業のマクドナルドやケンタッキー、
松屋あたりが席巻します。

そうすると、また特徴のない駅前になります。
特徴のない街づくりの典型です。

綱島の再開発に絡んでいる方、
どうかご一報くださいませ。

そして、綱島を美しい街にする為に、
本当に必要な再開発について、
是非意見交換させていただきたいと思います。

切に願います。


空間ディレクター
和泉

2013.01.25

最後のオリエンタルと、NENGOイブ

各位


明日から、

30年間続いた社名が変わります。

新社名は、

【株式会社 NENGO】

ネンゴ。
と読みます。


100年後、自分たちの子供や孫が住む日本の街並みを、
今以上に美しくしたい。

そんな考えを基に行っていたNENGOプロジェクトから
名づけました。

今回の社名変更ではみなさまにご迷惑をお掛けしてしまい、
誠に申し訳ございませんが、引き続きご愛顧くださいますよう
よろしくお願い申し上げます。


空間ディレクター
和泉



$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

2013.01.17

中古家具屋との出会い

先日、フラっと立ち寄った中古家具屋さんをご紹介します。
桜新町にある
「トランジット・ライフ」

http://www.transitlife.jp/
僕は家具屋とカフェにはふらっと立ち寄る事に決めているのですが、
こんなお店と出会うと、ついつい嬉しくなります。

確かにハーマンミラーには、イームズをはじめ素晴らしい家具が多い。
でも、こんな街角の中古家具屋さんにも、素敵な家具はたくさんある。
しかも格安で。

家具を楽しむ。
ということは、
暮らしを楽しむ。

という事。

私たちは、中古マンションを売って終わりではない。
その先にある「楽しく暮らす」という事に
責任を持つ必要がある。

そう思って、日々日々仕事をしております。


空間ディレクター
和泉
10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20

PAGE TOP