会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2012.12.25

普通の家

こんにちは。
和泉です。

近年、リノベーション=ファッショナブルなイメージが
先行している様に感じますが、この図式は必ずしも正解とは
思いません。

賃貸でいう「デザイナーズ物件」と呼ばれるマンションに
住んだことのある人は分かるかもしれませんが、
デザイナーの作風を十二分に反映させた空間というのは、
実は、不便な部分が多々あります。

そうすると、単なる「とってもファッショナブルでとっても
オシャレな物件」な訳です。

それでも、そのデザイナーは神!くらいの心酔っぷりがあれば
いいのかもしれませんが、そうでない場合は、住んでから後悔する、
という話をよく聞きます。


なぜ後悔するのでしょうか?


それは、その物件は自分の為に創られた空間ではないからです。


ここが大きなポイントであると感じています。


ファッショナブルかファッショナブルでないか、ではなく、

新品かそうではないか、でもなく、

ハイスペックかそうではないかは、議論するまでもなく、


「自分の為に創られた家か、そうではないか」


という部分が、リノベーションかそうではないか。
のラインなのだと思います。


何も、全員が土間のある生活をおくる必要はありません。

全員が、フローリングである必要がありません。


自分のライススタイルを見つめなおし、

子供がいる方は、子供と自分の関係性をしっかりと考え、

夫婦の関係性や距離感といった部分を話し合い、

教育観・哲学に対しての概念を分かち合い……


そういったプロセスが形になったものが、

「家」

であるべきです。

ファッショナブルかどうかは、実はそんなに関係ありません。

写真で紹介すると、面白みに欠ける。なんてこともあるかもしれません。


でも、body・メンタルの両面にしっくりきて、

とても落ち着く、とても休まる。


そんな家が「普通の家」としてあるべきです。

そんな普通の家を、これからも創っていきたいと思います。


izumi

2012.12.11

不動産をご売却される際の注意事項

中古マンションは、その築年数を問わず活発に取引されております。

古いから売れないということは、決してありません。

よく旧耐震だから売れない、という業者がおりますが、
それは、「売る術を持っていない」もしくは
「中古マンションのことをよく知らない」と読み換えられるだけです。

一般的な不動産業者は、不動産の取引に終始するのみのため、
最も大切な「管理や修繕」そして「愛されているか否か」などを
読み解くリテラシーがありません。

なので、分かりやすく「ハードウェアが古いか新しいか」のみを
判断材料とします。

エンドユーザーの編集能力が飛躍的に向上している昨今でも、
取り扱う仲介業者のリテラシーが向上しない限り、
この錯覚は続くと思います。


賢い売主は、もはやそんな業者を選んではいけません。

業者規模の大小ではなく、自分のマンションを売却するターゲットが
もつ考え方や言語を咀嚼できる不動産パートナーを選ばなければ
なりません。

それが、「大切に、愛され続けている住まいを住み継ぐ」という
文化的な行為につながります。

単に、「下取り業者に売って終わり、はいさようなら」
では寂しいではないですか。

結果として、誰のためにも(自分のためにも)なりませんよ。



売却のご相談は、お気軽にどうぞ。



空間ディレクター
和泉

2012.12.08

イミテーションについて

こんにちは。
和泉です。

今日は、イミテーションについての考査です。


日本人は、加工する事が得意だ。

これは、エネルギー資源に恵まれない島国という
条件からも、当然の流れと言えるでしょう。

何か一手間加えてその物自体の価値をあげる事は、
実に素晴らしい行為である。
現にそうして日本は貿易黒字を出してきたし、
テクノロジーも発展させてきた。
だが、テクノロジーが発達しすぎて、残念ながら
忘却されていったものがある。

それが何を隠そう『文化』であると私は考えている。

文化を忘れた事による代償は、小さくない。
街並みを見ればそれは顕著であろう。
自己の収益に終始した、品の無い商業用看板。
外国から形状を輸入しただけの、個々のライフスタイルが
反映されていない輸入住宅。
そしてその住宅の内部をみてみると、新建材と呼ばれる
イミテーションの素材に囲まれているのである。

壁はビニールクロス。
床は合板のペラペラなフローリング。
キッチンの天板は、大理石を模した人造大理石が使われている。

これらの全ては、高度経済成長期には必要なものだった。
量産する必要があったからだ。
今は、むしろ供給過多になり、量産する必要性が無いのは
周知の事実である。
でもなぜか、この現象は止まらない。

その理由は、供給側の怠慢にあると思われる。

ビニールクロスは、まず何と言っても安価である。
そして、一般的な職人が施工すれば、出来上がりに
大して差は出ない。
施工側にとっては非常に都合が良い建材なのである。
本物の木は、反ったり割れたりする可能性もあるが、
イミテーション建材ではそれが無い。
これを更に模して、フローリング調CF(クッションフロアー)
なんて商品まである。

イミテーションに囲まれて暮らしていると、ついついその
ものの本質を忘れてしまうので、注意が必要である。
例えば、無垢フローリングの良さは、その足触りにも
あると思う。
裸足で無垢材を踏みしめた時には、とても気持ちの良い感覚が
訪れるのだが、クッションフロアーではそれがない。
照明が当たると、塗装壁であれば陰影が出来るが、
ビニールクロス壁であれば、そんな陰翳礼讃的な雰囲気は
皆無である。

こういった感覚が実は、「家への愛着」につながっているのでは
ないかと思う。
新建材に囲まれた家よりも、本物の素材に囲まれた家の方が
住んでいて気持ちがいいし、気持ち良い住宅は、自然と愛着が
湧くものである。

そんなことを考えて、中古マンションを選ぶパートナーとなり、
家創りをさせていただいております。


和泉

2012.12.03

HEAD研究会

ディレクター和泉です。
こんにちは。


先日、HEAD研究会が弊社で行われました。
HEAD研究会とは、旧態依然とした業界の体質にメスを入れ、 もっとエンドユーザーに対してハッピーをお届する為に、
有志が集まって研究を重ねているところです。


研究(?)の対象として弊社の会社見学が行われることになり、
弊社の考え方や、取り組み、事業内容を見学に、
遠くはわざわざ名古屋から、約20名程の方々がお越しくださいました。

私も不動産関連事業部のマネージャーとして色々お話しさせて
いただきましたが、折角の時間を割いてわざわざ見学にいらして
いるだけあって、皆さん非常に勉強熱心でした。

そんな中で、

おんぼろ不動産マーケット の考え方や、 クライアント目線でプロのアドバイスを提供している事などが、
ご参加された皆様にとって、ご興味を示していただけたようです。

オーダーメイド賃貸についても、 新しい賃貸物件のあり方として、たくさんのご質問をいただき、
活発な議論が行われました。

おかげで…東京駅で行われた20時からの契約には、
ダッシュで向かうことになりましたが。汗


業界のグレーな体質を改善していかなければなりません。
今後も引き続き、活動していきます。

業者にとっては、単なる1回の取引かもしれません。
ですが、エンドユーザーにとっては、大切な「暮らし」が関わっています。
その意識を忘れずに。


和泉

2012.11.27

緊急速報 ~明日の特ダネ~

こんばんは。

ディレクター和泉です。


明日の特ダネは、要チェックです!

私たちが展開している「オーダーメイド賃貸」が紹介されます。

現在進行しているプロジェクトが放送予定。



皆さん、9:00~9:20分の間は、フジテレビを見ましょう!

(時間は変動の可能性がある様です。少し早目から待機!)

2012.11.26

モルタルハウス

こんにちは。
和泉です。

世間はすっかり冬ですね。

ジングルベルの音色が聞こえるたびに、
また一つ年をとるのかと戦々恐々とする
今日この頃です。
(誕生日がクリスマスなもので…)

先日お引渡しをしたリノベーション住宅の様子をレポートします。

このお宅は、その名も

「モルタルハウス」

です。


モルタルの無機質感と、無垢材の相性が
とても心地よい良い空間です。


ご覧ください。

おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG
おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG
おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG
12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22

PAGE TOP