会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2014.02.26

MUKU な家具




こんにちは。
ディレクター和泉です。
今日は、弊社NENGOが展開する「MUKU」(ムク)という
家具(建具なども含む)の見学会についてのお知らせです。

==============================

梅の花のつぼみもふくらみ、
春の気配を感じるこの頃。
いかがお過ごしでしょうか。

この度、弊社NENGOで「MUKU」という、
ミャンマーチーク材で製作した扉や家具を取り扱う事となりました。
急ではございますが27日(木)、28日(金)で見学会をさせていただきますので、
ご案内させていただきます。

【見学会詳細】
 ◆日 時 : 2014年2月27日(木) 10:00~17:00
        2014年2月28日(金) 10:00~17:00
 ◆住 所 : 東京都港区南青山2丁目
        ※住所の詳細はお申し込みいただいた方へ別途ご案内いたします。

 ◆予約制となっておりますのでご希望の方は、
  日時を記載の上、y-suzuki@nengo.jp(担当:鈴木)にご連絡いただけると幸いです。
 MUKUは、
 樹齢300年を超えるミャンマーチークで作られた
 防火扉やキッチン、家具を製作しています。

 ミャンマーチークだからこその豊かさと、
 無垢材ならではの温もりを感じていただきたいと思っております。

 ショールーム内はPORTER’S PAINTSでペイントされており、
 MUKUの防火扉や家具達を暖かく演出しております。

 本当に良いものを、
 経年変化を楽しみながら愛着をもって長く使う。
 NENGOの想いとともに、MUKUがスタートします。

 是非お越しいただき、MUKUを体感して頂けると幸いです。

 ※ショールームにはアレルギーのない絨毯生活を提案されている
  ウール絨毯の堀田カーペットさんにもご協力いただいております。

2014.02.13

ソチ・オリンピック

みなさんこんばんは。

空間ディレクター和泉です。


スノーボード・ハーフパイプや
ノルディックスキー複合など、
連日にわたり日本選手の活躍が
報道されていますよね。

特に若い選手の活躍が目覚ま
しいですね。

残念ながら夜のTV観戦に十分
時間を取れない私は、ダイジ
ェストでしか観ていないので
すが…
それにしても高梨沙羅選手
(スキー・ジャンプ)のイン
タビューには涙してしまいま
した。

彼女の場合、負けた事と言う
よりも、皆の期待に応えられ
なかったことの方が辛そう。

若干17歳が、日本中の期待を
背負って100mも空を飛び、
世界で4番目の選手となった
訳ですが、金メダルを期待さ
れていた為に、「残念」とい
う評価でしたよね。

期待が高く、それを達成する
事によって更に期待値が高ま
る。そうやって人は成長でき
るのでしょうし、そのロジック
は分からなくもないのですが。。。


ぜひ、「残念」

ではなく

「よく頑張った」

と声を掛けてあげたい。


実は私も、スマイルジャパン
(アイスホッケー・女子)
の候補になっており、最終的
に前十字靭帯損傷と言う怪我
でソチに行けなかった義妹が
いるのですが、彼女も落選し
た時の第一声が

「期待してくれていた家族や
みんなに申し訳ない」

という言葉でした。

自分が一番辛いのに、そんな
時でも周囲の事を第一に思い
やれる。そんな高梨選手(や
義妹)の様な気持ちを常に
持って、自分も生きていきた
いと、TVを観ながら本気で想
いました。

2014.02.03

超高層マンションについて考える

こんばんは。
ディレクター和泉です。

本日、日本橋にある会社経営者の方の不動産ご購入について、
ご相談に乗って参りました。

とても素敵な感覚の方で、今後が楽しみです。

打合せ中に出てきた話ですが、欧米では超高層マンションに
対して、建築側も居住者も、ネガティブだよね。
という話になりました。

代表の的場が昨年、欧州視察に行った際の話や、 イギリスやフランスの法規制の例なんかを交えてお話し
していたのですが、日本との考え方の違いに驚かれていました。

それもそのはず。
日本で暮らしていたら、はもはや再開発の代名詞的な
超高層マンションに、疑問すら抱かないでしょうから。

ですがこれは世界的にみると、とても稀有な状況なんです。
(マンハッタンやドバイ、中国など一部を除く)

因果関係は明らかにされていませんが、流産率やアレルギー
疾患、神経症などは、高層階に住まわれている方に圧倒的に
多く発症している、という報告が各所でされています。

「高層マンションシンドローム」という本が出版されている
位ですから。

ではなぜ、日本では超高層マンションの建築が止まらないの
でしょうか。

正確な理由は分かりません。

供給側にとってドル箱の超高層マンションに対して、
支持を受けている政党は規制を掛けられない、という業界の
体質なのかもしれません。

そうであれば、エンドユーザーにとっては全く持ってひどい
話ですよね。

新耐震・旧耐震などの、分かりやすい政府が決めた数値で
しか語られませんが、本当にそれで良いんでしょうか??
と、こんな話を知ると思ってしまいますよね。

加えて私は単純に、見上げた時に空が狭いのが耐えられない
のと、高層階から見る景色が、東京タワーで見ればいい。

と思っているクチですが。

2014.01.30

綱島CABINのお披露目



こんばんは。
ディレクター和泉です。

明日は春節。
旧暦で云う正月ですね。

中華街では龍や中国獅子たちが舞い、
とても華やかな風景が見られます。

京劇にはまったことのある20代に、
中国の伝統文化に触れようと通った
ことを思い出します。

さて、来る2月6日(木曜日)私たち
NENGOが運営する「綱島不動産マーケット」
の入っている「綱島CABIN」のお披露目会が
行われることになりました。

ナショナルチェーンに席巻された商店街の
様子とは一線を画しながらも、鶴見川に
代表される自然豊かな綱島の街の中に存在する、
綱島らしい店舗です。

大家さんでもある「東照寺」の外壁色を踏襲した
亜麻色の天井や、鶴見川の水面のイメージである
納戸色の立看板など、陰影がきれいに映える
「ポーターズペイント」で全て仕上げています。

また、(多分日本で初めて)躙り口をくぐって、
和室にお客様をお通しして営業しております。



当日は1Fに入っているフレンチビストロ
「グレーヌマルシェ」さんがビュッフェ
スタイルで開放します。

詳細は、以下URLからどうぞ。


夜の綱島不動産マーケットを観に、
美味しいフレンチを食しに、
この街にあるべき姿の建物を観に、

是非いらしてくださいませ。


https://www.facebook.com/events/1441722952711498/

2013.11.18

温故知新

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

古きを訪ね、新しきを知る。

リニューアルしたつなしま不動産マーケットの
店舗の一角(窓枠)のシーンです。

私は断熱のプロではないので、社内の専門家に
聞いた話ですが、窓枠の中で一番結露しにくいのは
「木製サッシ」だそうです。

アルミやスチール、樹脂などの台頭によって
木製サッシは減りましたが、質感も優れている為に、
最近は木製を好まれる方が再び増えているようです。

新しいつなしま不動産マーケットには、そんな木製
サッシをはじめ、天井裏に建築当時からあった梁、
玄関のタイルなどなど、当時の面影を沢山残して
おります。

そんなパーツ達がとても素敵だった為に、それらを
邪魔しないように、文脈が調和するように、
控え目な内装にしました。

全てが新しくある必要はなく、古いものでも、
単に生産後の年数で判断するのではなく、
これからも使い継ぐべきか、愛していけるか、
などの判断基準から考え、それらを新しいものと
共存させる。
そんなおんぼろ不動産マーケットの哲学的解釈を
持って構築しました。

畳スペースにて打合せも可能ですので、
ご希望の方はおっしゃってくださいね。


空間ディレクター和泉

2013.11.12

BAMBOO EXPO 開催

$おんぼろ不動産マーケット STAFF BLOG

こんにちは。
空間ディレクター和泉です。

今日は、今週木曜日から開催される

BAMBOO EXPO
のご紹介です。

BAMBOO EXPOは、2011年から年2回ほど行われているイベントで、
設計者/デザイナーと施主/デベロッパー、そしてメーカー/ベンダー
という3者をつなぐ、「商空間づくり」に特化した新しいスタイルの
トレードショーです。


私たちは普段、皆様の「住居」を創らせていただく事が多いのですが、
PORTER'S PAINTS」という私たちの扱っているペイントは、 実は「東急プラザ」や「ヒカリエ」、「CICADA」 といった、多くの魅力的な商業施設で使われているペイント材なのです。

その PORTER'S PAINTS が出店します。

PORTER'S PAINTS は、ストーリーに溢れたペイントです。
ペイント自体がコミュニケーションツールになって、
家や空間への愛着が湧きます。

そして光と融合する事によって、何とも言えない質感が感じ取れ、
私たち日本人が潜在的に持っている「陰翳礼讃」の心をくすぐります。

お時間の許す限り、是非会場に足を運んでいただき、
PORTER'S PAINTS を感じていただければ嬉しいです。
4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

PAGE TOP