会員募集 採用情報

おんぼろ不動産マーケット

050-3786-1125 お問い合わせ

BLOG ブログ

2016.08.18

小坂氏の昭和らしい融合的デザイン感覚


こんにちは。
今井です。

最近とても暑いですね。
ようやく夏本番というところでしょうか?

そんな中でも私は変わらず物件取材。

皆様に素敵な物件をお届けできるようにと街中を歩き回っています。


先日アップした「ガーデンハウス」。
その横には素敵な緑地が広がっていて、思わず入ってみると、とても広大な緑地が。

20160804_001.jpg

20160804_002.jpg

どんどん登っていくと、小ぶりな門が待っていて、その先には綺麗に手入れがされた石畳が広がり、右を向くと大きな樹木に囲まれてひっそりと佇む旧小坂別邸が顔を出しました。

20160804_004.jpg

20160804_003.jpg

ここは、元実業家で政治家でもあった小坂順造の別邸。
現在は世田谷区が敷地を買い取り管理しています。

世田谷区内の国分寺崖線沿いには多くの近代別邸建築が存在したが、そのうち現存する唯一のものです。

開放されている時間は自由には入れるので、入ってみるとスタッフの方が色々説明してくださいました。

まず、入ってすぐ見えてくるのは、真ん中の畳部屋とその周囲を囲む縁側。
この日は太陽も良く出ていて、座布団を干されていましたが、それさえも様になっていました。

20160804_005.jpg

右奥に進むと書斎。
西洋的なつくりをベースにしつつも、暖炉の上には仏様の台座として作った部分もあります。壁は袋張りとよばれる空気の層を持つ黒塗りの壁で構築されています。

20160804_006.jpg

別の部屋へ進む道中の縁側の天井には1枚の木を板にした屋根が続きます。

20160804_008.jpg

当時、最新しいであった米国フリッジデール社の冷凍冷蔵庫。
まだ大きな氷を入れて冷やしていた当時の日本。
それに対して、この冷蔵庫には製氷機がついており、氷のある部分が冷凍庫として既に機能していました。

今もなおこのビンテージを探しているファンは多く、古い家電が好きな私としてもとても感動的な出会いでした。

20160804_009.jpg


最後に訪れたのは寝室。

ここはまさに、彼のセンスが一番凝縮した部屋でした。

西洋の匂い漂う家具はありつつも、決して華美さはなく、
直線同士でバランスの取れた部屋の中にしっとりと佇む曲線と錆が美しい照明。

枠にはめ込まれたガラスも、ダイヤ型の模様によって統一感が出ていました。
このガラスは、ステンドグラスの技法が使われ、枠を先に作ってから流し込まれているそうです。


奥に見えるバルコニースペースに腰かけさせていただきましたが、全面窓でも、夏日でも、とても柔ら中日が差し込む空間で、ずっとここで安らいでいたい気分になる、暖かい場所でした。

ソファも当時のものがそのまま置かれているので、経年変化による布部分のほつれなどから、小坂氏や周囲にいらっしゃったご家族などの日頃の生活が想像でき、不思議な気分に包まれました。


20160804_010.jpg


当時、最先端のセントラルヒーティングも採用しているのは、小坂氏が長野にゆかりがあったからのようです。


20160804_011.jpg


各部屋に呼び鈴があり、引っ張るとここでまとめてわかるようになっていました。


20160804_013.JPG

出口間際で出会った小さな電話部屋。
今はもう電話自体はありませんが、この小さな小部屋にも空間の圧迫感を感じさせないために、天井が少し高く取られているのも特徴でした。

20160804_014.JPG

こちらでは、スタッフの方がいつでもご案内してくださるとともに、茶室では定期的にお茶の会が開かれ、海外の方々も多く訪れるそうです。

こういう場所が、良き時代の遺産として永くにわたって残っていくことで、新しいものだけに頼るのではない、時の産物の中で暮らす豊かさを、語り継いでいくことが、私たち今を生きる世代の責任だなと、改めて感じる時間でした。

ぜひお近くにお寄りの際は立ち寄ってみてください。


■瀬田四丁目旧小坂緑地
住所:〒158-0095 東京都世田谷区瀬田四丁目41-21
入場料:無料 
休園日:月曜日
開園時間:9:30~16:30
詳しくは公式HPにてご確認ください。




20160616_line_blog.png

takehara_001.jpgのサムネイル画像
"つなぐひと"
今井 朝美 Imai Tomomi
モノ・コト・ヒトそしてイエの縁つなぎをする編集好き。

→詳しくはこちら

2016.08.07

ライフスタイルから家をつくる

こんにちは、横川です。

遅い梅雨明けがきたと思った途端、太陽がじりじりと照りつける日が続きますね。

そんな夏真っ只中の休日、おんぼろ不動産マーケットのスタッフと一緒に、
今夏注目のイベント「HOUSE VISION」に行ってきました。

housevision4.JPG

企業と建築家/クリエーターとの協働によって、家のあり方を考えながら
具体化を試みる本展、各プロジェクトでつくり上げた12棟の展示ハウスを
順に巡っていく構成になっています。

中でも気になった展示を2つ、ご紹介します。

housevision1.JPG

【吉野杉の家】Airbnb×長谷川豪

奈良県吉野の杉と檜を用いて建築された吉野杉の家は、本展終了後、
実際に吉野町へ移築され、Airbnbに登録される予定とのこと。
2階建ての建物の1階は地域に開かれたコミュニティスペース、
そして写真の2階は宿泊するゲストのための空間です。
檜の香りに包まれて眠り、東向きの窓から差し込む朝日で気持ちよく目覚められます。

日本の観光地にも浸透しつつあるAirbnbですが、旅行者は、ともすればその地域にある
無人の住宅に泊まるだけで完結してしまうかもしれない。

宿泊する建物の1階に地域住民の集まるコミュニティスペースが設けられることで、
旅行者と地域住民とが自然に関わりあえる、旅行者はより深く地域に潜り込み、
今までとは違う旅行体験を得られる仕組みになっていますね。


housevision2.JPG
【遊動の家】三越伊勢丹×谷尻誠・吉田愛

12棟の展示の中で唯一のリノベーション事例。
こちらは、これから中古住宅購入+リノベーションを考えて
いらっしゃる方にも、大いに参考になると思います。

ここで注目してみたいのが、色使い。
壁、床、キッチンがグレー~黒色のグラデーションで彩られています。
無彩色でも、モルタルやペイントの質感で、これだけ豊かな表情を
生み出すことが可能なんです。

白いビニールクロス、白くツルリとしたシステムキッチンにナチュラル系の
フローリングという取り合わせが、日本の住宅の大半ではベーシックとして
採用されています。

が、ご自身が住まいをつくられる時には、一度立ち止まって考えてみて下さい。
その組み合わせが、本当に自分らしく、気持ちよく過ごせる空間として
ベストなのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------------------
テクノロジーの進歩とともに、私たちは好きな場所で仕事をし、
思いつきで好きな場所へ旅することも可能になってきました。

毎日同じ場所へ通勤し、毎日同じ場所へ帰って眠るという日常が、
近い将来当たり前ではなくなるかもしれません。

そんな今、住まい探しにおける問いの立て方は、
「どんなスペックの家に住みたいか?」ではなく
「自分はどう暮らしたいのか?」です。

「駅徒歩○分」「○LDK」「築○年以内」などの既存のフレームから、
一度自由になって考えてみましょう。

出来合いの住宅に自分の生活を合わせるのではなく、
望む生き方に合わせて、住まいをつくっていく。

「住宅ローンの返済がのしかかる・・」「人生で一番高い買い物だし
失敗できない・・」と、つい及び腰になってしまいがちな
「住宅を買う」という行為が、そう考えるだけでぐっと楽しみになりますよね。

妄想炸裂すること間違いなしの本展、ぜひ足を運んでみてください。





20160616_line_blog.png


yokokawa_prof.jpg
"不動産女史"
横川 希恵 Kie Yokokawa
この道10年。20代で持ち家女子な不動産のプロ。

→詳しくはこちら

2016.08.06

街をつくる。


IMG_2427.JPG

こんばんは。
和泉です。

私たちNENGOでは、

100年後の街つくり 
気候、風土、歴史、文化をいかし、『らしさデザイン』をすることで
"住みたい" "遊びたい" "働きたい"街をつくります。

というミッションを掲げています。

今日はその一例をご紹介。

高津区民祭の様子です。

え、単なるお祭りのお手伝い?
と思われた方も多いかもしれませんが、
実は、むしろ逆で、お祭りのお手伝いは殆どしていません。。
それはそれで、皆さんすみません。。。

IMG_2287.JPG

※ヨーヨー釣りの会場が、終わったらプールになってしまいました。。


ここで行わせて頂いているのは、「エリアプロデュース」です。

とある地主さんの土地に、新築のアパートを建てています。
それも単なるアパートではなく、地域住民の皆さんにとって有益に
なるであろう、飲食店舗を併設したアパートです。

そして、住宅部分に住まう方には、将来的に「寺子屋」的な施設を、
地域の方々向けに、運営していただきます。
(大学教授の方の入居が決定しています)

そして、隣地に建つ既存のマンションは、その表情を少し変えてあげ、
地域に溶け込む集合住宅にします。

既存のマンションと新築アパートの中間領域には万年塀が鎮座して
いましたが、この部分は新旧両方の建物の方が憩える、ポケットパークに
します。
このポケットパークは決して広いスペースではありませんが、路地裏のような、
子供たちが遊ぶ場所にもなりますし、1Fの飲食店のフードコートにもなり得る、
ユーティリティーなスペースです。
イベントスペースにもなります。

現在、年末の竣工に向けて少しずつ進んでいます。


IMG_2428.JPG


さて、話を戻します。

実はこの場所、大山街道に面しています。
そして今回のお祭りは、大山街道を6時間も封鎖して行った一大イベントなのです。

冒頭の写真は、子供達が「ピニャータ」を楽しんでいるシーンです。

※ピニャータとは、中・南米の国の子供のお祭り(誕生日など)に使われる、
中にお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉人形のことです。

何を隠そう、実はこのお祭りにてイベントを運営しているのは、ほぼ全て、

「物件の入居者」

の皆さん。

IMG_2289.JPG


入居者の皆さんが集まって、

「どうしたら、地域の子供達が楽しめるイベントになるか」
「どうしたら、このエリアの価値を高められるか」

ということを考え、実行してくれています。

素敵な建物をつくる。
かっこいいリノベーションをする。

というような事は、単なる手段であって、とどのつまりはこの様に、
「皆さんが楽しんで暮らしている」という姿を創りだす事が、我々の
ミッションなんだと思います。

私自身も、竣工を、そしてそこまでのプロセスを楽しんでいきたいと
思います。


※一枚目の写真で紺色のTシャツを着て楽しんでいるのが、何を隠そう弊社代表の的場です。


20160616_line_blog.png

izumi_profile_001.pngのサムネイル画像
[ 空間ディレクター "仕立屋" ]
和泉 直人  izumi naoto
建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く中古不動産×リノベーションの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2016.07.31

街の中のPORTER'S PAINTS

こんにちは。

今井です。


先日、新卒の方が一日インターンに来てくださいました。



その際、目黒の物件取材に行くついでに、私たちNENGOのプロダクトである「PORTER'S PAINTS」の施工事例も見せてあげたいと思い、少し寄り道してきました。



20160731_imai_001.jpg

20160731_imai_006.JPG


世界で最も有名なカフェといっても過言ではない、スターバックス。
世界60か国に展開していて、日本法人本社のあるビルの1Fに、日本での1000店舗目のお店として2013年に作られたのがこの店舗です。

北米以外で1000店舗を超えるのは日本が初めてとのこと。


日本の建築や庭園からヒントを得た 「一期一会」 の精神や、日本ならではのおもてなしの心を表現した、コンセプトショップです。


ドリンクを提供するカウンターのエリアは茶室から着想したデザインを採用し、エントランスの正面には空間を仕切るために古来から使われている簾や障子からインスピレーションを得たスクリーンを設けています。

奥の壁には、板1枚1枚にコーヒーに纏わるストーリーが。


伺った日は特にとても暑い日でもあったので、国際色豊かな多くの方々がご利用されていました。


この空間は特に地産地消や自然由来にこだわった素材を多用していて、Porter's Paintはその空間を暖かく包む役割を担っていました。

Stone paint courseの亜麻色。



20160731_imai_002.jpg

木のぬくもりと調和したその色と質感は、一見さりげないですが職人の手によって丁寧塗られ、唯一無二の表情が一面に続いています。



20160731_imai_004.jpg




よく、「白」が最も他の色と調和するように思われがちですが、実はいろんな色そのものを見るときは、背景にはグレーが使われます。


Porter's Paintの調色室もグレー。


写真などで色を飛ばさないときに使うのもグレーの背景。


そのもの一つ一つの「らしい」色がわかるように。


グレーというのはそういう"包む混んでくれる"色なんですね。


特にPorter's Paintは自然由来で匂いもほとんどなく、16色の顔料から丁寧に作られています。

ベースに茶色系が実は入っていて、そのおかげで家具などとも相性が良いんですね。

むやみやたらに着色するのではなく、本質をお互いに大切にする。


このスターバックスの居心地は言うまでもありません。


おんぼろ不動産マーケットでリノベーションをされた方々にもよくPorter's Paintはお選びいただきますが、そういった場を家の中でも大切にしたい方々が多いからかもしれませんね。


もしお近くにお寄りの際は、ぜひ休憩がてらこちらに寄っていただき、その質感同士が作り出すあたたかい時をお楽しみいただけたらと思います。


20160731_imai_003.jpg


■スターバックス コーヒー 目黒店
address:東京都品川区上大崎 2-25-2
time  :平日  7:00 - 21:00
     土日祝 8:00 - 20:00





20160616_line_blog.png

takehara_001.jpgのサムネイル画像
"つなぐひと"
今井 朝美 Imai Tomomi
モノ・コト・ヒトそしてイエの縁つなぎをする編集好き。

→詳しくはこちら

2016.07.31

リノベーションEXPO と HOUSE VISION

20160731_news.jpg

こんばんは。
和泉です。


住宅・リノベーションに興味のある方に向けて、イベントの情報です。


7月30日から約1ヶ月間(8月28日まで)、HOUSE VISION が青海にて開催されております。


ここ数年はアジア各国でも盛況に開催されているイベントで、一歩先行く新しい時代の暮らし方を提案するインスタレーションが並びます。


8月後半に向かえば向かうほど混雑が予想されますので、ご興味のある方はお早めにどうぞ。



http://house-vision.jp/exhibition/



次はリノベーションイベント。


こちらは9月22日から9月25日までの4日間、青山のスパイラルにて
開催されます。


中古住宅×リノベーションという、ここ数年間で一気にファーストオプションの
一つになってきた住まい方に特化したイベントです。
私たちが新規で扱い始めた、次世代型輻射熱冷暖房機の紹介も行なって
おりますので、お見逃しなく!



※リノベーション動画コンテストは、優勝賞金30万円が贈呈されるので、
ご興味のある方は是非どうぞ!

http://www.renovation.or.jp/expo/



動画コンテスト
http://www.renovation.or.jp/expo/contest/



どちらのイベントも、私も顔を出させていただきます。
ご興味のある方は是非お越しくださいませ。


20160616_line_blog.png

izumi_profile_001.pngのサムネイル画像
[ 空間ディレクター "仕立屋" ]
和泉 直人  izumi naoto
建築・不動産・デザイン・マーケティングの
4足のわらじを履く中古不動産×リノベーションの専門家。
北海道釧路市出身。3児の父。

*詳しくはこちら

2016.07.29

特集vol.003:若林と松陰神社

メルマガでのみご紹介している物件情報にまつわる話を特集していきます。

今回は若林と松陰神社。

この街のおすすめ物件情報はメールマガジンでのみお届けしてまいります。


■若林の歴史

若林の人々は、「豪徳寺の鐘の聞こえない所へは行かない」といわれるほど、村の字の中の者同士で親密に付き合い、互いに助け合う習慣が長い間受け継がれてきている土地柄です。
それは現在も受け継がれており、親しみやすさへとつながっています。
神社を今日まで連綿と守ってきた氏子の人々の気持にもそれがよく表れております。
若林の歴史は、神社の歴史といっても過言ではなく、若林鎮守三社と呼ばれる若林・北野天満宮・若林福寿稲荷神社・天祖神社(現在は稲荷神社に合祀されています)が古くから街の中心となってきました。

北野天満宮には菅原道真公が祀られ、かつてとても広い社務所があり、結婚式なども執り行われていたそうです。
若林福寿稲荷神社では、現在でも初詣や毎年九月第二土・日曜日のお祭りでは地域の人々で賑わいます。


■松陰神社の歴史

吉田松陰を祀っていることでも有名な場所です。
彼が作った「松下村塾」では、身分の上下や職業などは関係なく、それぞれの長所を見つけ伸ばすという教育を行っていました。
時代の煽りを受けて2年ほどでなくなりますが、伊藤博文、木戸孝允、山縣有朋など、後の明治維新を成し遂げた数多くの若者達が巣立っていった場所でもあります。

どちらの街にも文教の香りがあり、特に若林小学校は東京でも2番目に古い小学校でもある伝統校としても良く知られています。

tokusyu_003_002.JPG


■若林の街と松陰神社前

現在で見てみると、若林駅前は一見何もないように思われがちですが、多くの文化人が集う「かどっこ」などのような、秘密基地的要素があるのが特徴の街です。

かどっこ

tokusyu_003_001.JPG


ツタにほとんどを覆われていますが問題なく営業中。
シャンソン歌手であるマスター西野博和の創作料理の店。


address|東京都世田谷区若林5-3-10
time  |19:00 - 24:00


一方松陰神社は特に最近賑わいを見せてきており、新しいカフェや飲食店、店が増えてきているホットスポットでもあります。



nostos books

13817236_973512092758245_10991333_n.jpg


元々は八百屋だったところに出来た本屋。アートやサブカル、レコード好きにおすすめ。


address|東京都世田谷区世田谷4-2-12
time  |12:00 - 20:00




STUDY

13817327_973512072758247_709430829_n.jpg


"洒脱系大衆カフェ兼イベントスペース"。店名は吉田松陰が強い意志で進めた"学問"にちなんでつけられたとのこと。


address|東京都世田谷区若林4-20-7 1F
time  |12:00 - 23:00(時間帯要確認)



松陰Plat

20160723_shoinplat_002.jpg


新しくできた築50年以上の木造アパートをリノベーションして新しい価値を宿した複合施設。
パン屋やアトリエ、ビールも飲める楽しい場所です。


address|東京都世田谷区世田谷 4-13-20
time  |各お店にご確認ください。




*メルマガでしか公開していない物件や、登録している方に優先してお届けしている情報もございます。ぜひご気軽にご登録ください。
▼メルマガ会員登録をご希望の方は、以下内容をonboro@nengo.jpまでお送りください。

 ①件名:「メルマガ会員登録希望」
 ②本文:お名前とメールアドレス

最初 前へ 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15 最新

PAGE TOP